製品ラインナップ


申込みページ

心理面接と各種療法
カウンセリングをベースに必要に応じてさまざまな療法を使います。


心理改善の為には、対話型のカウンセリングやコーチングに加え、様々な手法(EFT・催眠療法・キネシオロジー等)があります。対話方式で進めるよりも、ワークを併用する方が経験上、変化の現れ方が大きいように感じます。メンタル総合セッションでは、心的・動的アプローチの中から必要に応じた手法を選択し問題解決へと進めていきます。

カウンセリングでは、お話を聴きながら必要に応じて貴方にピッタリと合う方法をクライアントの方とご相談しながら総合的全方位的視野でカウンセリングを行います。

【カウンセリング料金】 50分 6,480円(税込) 90分 9,720円(税別) 120分 12,960円(税込)

(※料金は時間計算になりますので、どのアプローチを使用しても同一です。)

LinkIcon申込みページ


主に使われるアプローチ

EFT(Emotional Freedpm Tequnic)

EFTはアメリカのゲアリーが体系化した、心や身体の痛みから自由になる為のとても手軽なツールです。 感情の針灸と呼ばれ言葉とタッピングよって痛みから自由になっていきます。

行っている事はとてもシンプルで、今の悪い状態を口に出しながら、タッピングするポイント数箇所をトントンと指先でタップしていくだけです。 小さいな子供でも簡単に出来ると言われているのは、本当にシンプルだからです。

ヒプノセラピー

ヒプノセラピーは、リラックスと集中によって、潜在意識にアクセスし定着してしまっている観念を解き放ち良いものに置き換えていくものです。 私達は生まれた時から様々な経験をし、その時に感じたり決めたりしまった事が今も尚厳然として潜在意識に残ってしまっています。役に立つイメージもあれば 役に立たず自分の能力に制限をかけてしまったり、はたまたその固定化してしまったイメージがトラウマとして残り私たちを苦しめてしまいます。 催眠療法自体万能ではありませんが、潜在意識にアクセスしネガティブなイメージを肯定的なものにしていく為にはとても効果的な手法といえます。

森田療法

森田療法(もりたりょうほう)とは、1919年(大正8年)に森田正馬により創始された(森田)神経質に対する精神療法。(森田)神経質は神経衰弱、神経症、不安障害と重なる部分が大きい。また近年はうつ病などの疾患に対して適用されることもある。なお森田正馬は薬を使わなかったが、現代では薬を併用することが多い。さらに元来入院が基本だったが、最近では通院が中心になりつつある。そのため重度や長期の人は入院、軽度で短期の人は通院が基本になっている

またそれ以外に自助グループ「生活の発見会」や会員制掲示板「体験フォーラム」などの利用方法もある。なお日本国内だけでなく、海外でも活動が展開されている。

ブリーフサイコセラピー

ブリーフサイコセラピーとは、催眠療法家ミルトン・エリクソンの考え方と技法を基盤にして発展したもので、いくつかの流派が存在するが、共通する点は患者のもっている内的・外的資源(症状や欠点すらも)を最大限に活用し、過去よりも現在、未来を志向し原因や病理よりも肯定的側面や小さな変化にフォーカスし、クライエントに内在する力を思い出させる解決志向型のアプローチです。

NLP 神経言語プログラミング

NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。 人間は、「神経」(=五感【視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚】)と、「言語/非言語」の脳での意味づけによって物事を認識し、体験を記憶しています。 そして、その認識や記憶は今までの人生体験に基づいて各人の中に「プログラミング」し、その「プログラミング」のとおりに自動反応し行動していると考えられています。

タッチフォーヘルス

タッチフォーヘルスは全世界112カ国で使用されている夢の健康法です。オーストラリア等では保険の適用を受けることが出来ます。
心身の不調はエネルギーシステム(気)のバランスの崩れが関係しています。気の調整を行う事は医療行為では無いにしろ代替医療として 体調不良の緩和・消失に大きな効果を挙げています。
タッチフォーヘルスやオンサを使った気の修正法は、筋力テストを使います。このテストは経絡の状態を調べる検査法です。そして、その 乱れに対応したポイントに手技などを使い働きかけを行っていきます。結果としてポジティブな結果を得ようとするものです。

スリーインワンコンセプツ

スリーインワンのミッションは「人生の本質的目的を妨げる障害物を取り除く事にあります。セラピーの集大成と考えても良い程様々なテクニックが融合されたホリスティックワークです。他角度的・全方位的にアプローチしていきます。又、問題を扱う場合も、安全な所から順番に扱い開けてはいけない扉は決して開けません. その人が今対応でき乗り越える所から玉ねぎの皮を一枚一枚はがすように扱っていきます。
言葉が苦手な人でも、身体の反応が情報を出してくれますので、自分の中で理解を深めていけば良いのです。